スタッフブログ

2014年8月13日 水曜日

中野デンタル南口クリニック~虫歯のリスク検査のお話~

虫歯治療は、個々の虫歯になりやすい弱点(リスク)を知り、コントロールすることにつきます。虫歯は少しずつ時間をかけて進行していく慢性疾患です。原因やリスクを把握することで、虫歯の進行を抑制し、新たに虫歯をつくらないように予防もできます。リスク検査では以下の内容をチェックし、個々にあったメニューをご案内します。

≪唾液検査≫
唾液の量と質を検査します。唾液には糖分を洗い流す作用やつくられた酸を中和する作用、再石灰化を促す 作用があります。量や質(唾液の働き具合)が低下していると唾液の恩恵が受けられず、歯ブラシをしていても虫歯を作りやすくなってしまいます。
検査方法は、味のない硬いガムを一定時間噛んでもらいます。噛みながら出てくる唾液の量を測定します。同時に唾液の粘稠度もみます。唾液が少ないと糸を引くようにベトベトとした感じになります。質の検査は唾液中の重炭酸の濃度を主に測定します。

≪唾液中の虫歯菌の量≫
唾液中のミュータンス菌の量を調べます。ミュータンス菌はブラッシングで一時的に減らすことはできますが、すぐに復活してしまいます。この菌が多かった場合、口腔内細菌のバランスを変える治療が必要です。
検査方法は、検査用のスティックを舐めて、薬品と一緒に付着した細菌を培養することで調べられます。


虫歯も歯周病も目には見えない『細菌』が相手です。細菌検査を行うことで見えない相手により的確なアプローチが可能です。知っていながら治療や予防するのと、知らずにやるのでは治療の結果も予後も変わってきます。
この機会に細菌検査してみませんか?



投稿者 中野デンタル南口クリニック