スタッフブログ

2014年8月26日 火曜日

中野デンタル南口クリニック~フッ素で虫歯予防のお話~

『虫歯予防』といえば何を連想されますか?
歯磨き、クリーニング、糖分を控えるなど...いろいろなキーワードが浮かびますね。そのひとつに『フッ素』が思いつく方も多いのではないでしょうか。

当院でも、定期メインテナンスの際に、または治療中の方に、乳歯列や生えたての永久歯が混在するお子様にフッ素を利用しています。
フッ素イオンは、虫歯の原因菌が糖を取り込むのを邪魔して、歯に強固にひっつくネバネバの糊や、歯を溶かす酸を作らせないようにします。虫歯菌の働きが抑制されるという訳です。その他、抗菌効果や歯のミネラル成分を再び取り戻す働きをします。さらに、フッ素イオンは歯のエナメル質と反応して、耐酸性の非常に強い結晶をつくります。
このように、フッ素イオンは虫歯の予防や治療に大きな役割を果たしてくれます。フッ素以上に虫歯予防に有効なものはありません。

一方で、フッ素といえば有害性を心配される方がおられるかもしれません。
フッ素は、海水中に含まれる物質で魚や海藻にも含まれていますし、乾燥した茶葉にも多く含まれています。どんなものでもそうですが、摂り過ぎは有害です。ただし、フッ素入りの歯磨き粉やマウスウォッシュ、定期メインテナンスでの使用程度では全く心配ありません。むしろ、虫歯で穴があいたり、金属の詰め物をすることのほうが有害であるといえます。

先述した通り、子どもだけでなく大人にも有効なフッ素。使わない手は無いですね。ホームケアでの取り入れ方、プロケアでの使用法についてもご案内しております。ぜひお尋ね下さい。



投稿者 中野デンタル南口クリニック