ホーム > 診療案内 > インプラント治療

インプラント治療

ご自身の歯と同じ感覚で噛むことができます

ご自身の歯と同じ感覚で噛むことができます

インプラント治療は、失った歯を再建するための最善の治療です。
ブリッジのように目立つこともなく、入れ歯にありがちな違和感もありません。
手術によって、歯の抜けた箇所の骨に、人工の歯根(インプラント)を埋め込み、そこに人工の歯をかぶせる最新の歯科治療法です。

インプラント治療のメリット 今までの自分の歯と同じように、おいしく食事を楽しむことができます。見た目も元々の歯と同じように美しく仕上がります。また、インプラントは顎の骨に力を加え刺激するため、骨が痩せることもありません。
インプラント治療のデメリット 抜歯と同程度の処置が必要です。患者様が抱えられている疾患の種類によっては、行えない場合もあります。

CT診断

CT診断 より安全で確実な治療を

歯科用CTスキャンを駆使することによって、3次元立体画像での高精度な診断を実現しました。インプラント治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を精密に把握しなければなりません。当院では、より安全で無理のない治療を進めるため、CT撮影と最先端のコンピュータシステムを利用して、顎の骨の状態を見極めながら治療計画を立てています 。

ブリッジとは

ブリッジとは、被せ物の一種で、歯が抜けてしまった部位の両隣りの歯を削って土台を作り、そこに人工の歯を橋渡しをするように入れる治療法です。インプラントに比べ安価で、部分入れ歯よりも見た目が良好です。

ブリッジのメリット 部分入れ歯に比べ違和感が少なく、噛む力も衰えません。見た目も他の歯と大差ないほど綺麗に仕上がります。
ブリッジのデメリット ブリッジを固定するため、失った歯の両隣の健康な歯を削る必要があります。また、歯の抜けた部分の骨が痩せる場合があります。

詳しくはインプラント専門サイトへ