ホーム > 診療案内 > 一般歯科

一般歯科

歯がズキンとしみる

歯がズキンとしみる 知覚過敏かもしれません

冷たい食べ物を食べたとき、歯を磨くとき、歯がしみるようなことはありませんか? 
もし心当たりがあるようでしたら、知覚過敏かもしれません。
歯磨きの仕方や、歯周病・歯肉炎などのお口のトラブル、また、歯ぎしりや噛み合わせの悪さなどが知覚過敏の原因として挙げられます。
痛みが気になって食事もおいしく取れない…。そうなる前に、ぜひ一度、ご相談ください。

虫歯治療

虫歯治療

虫歯は、ミュータンス菌という細菌によって引き起こされる歯の病気です。放っておいても自然に治ることはないので、基本的には細菌に犯された部位を除去していかなければなりません。症状が重度の場合には、歯の神経を取り除かなければならなくなります。ただし、虫歯が進行しにくい唾液の方は経過を見ながら判断させていただくこともあります。

根管治療

根管治療とは歯の根(神経)の治療です。虫歯が神経にまで及んでしまうと、歯を削るだけでは痛みは治まりません。歯を抜く(抜歯)、もしくは、根管治療が必要となります。痛みを取り除くだけなら、抜歯は、最も有効な治療法だと言えますが、残された歯に負担をかけてしまう場合があります。根管治療は、歯を抜くことなく、歯の痛みを根本から取り除いていくための治療法です。

欠けている歯の治療

元通りに復元できます

ぶつかったり、転んだりして、歯が欠けてしまった場合、適切な処置によってキレイに復元することが可能です。特に目立ちやすい前歯が欠けてしまうと、恥ずかしい思いをすることも少なくありません。もし、歯が欠けてしまったら、悩まずに一度ご相談ください。

親知らずの抜歯

第三大臼歯(親知らず)は元々、人間にとって必要な歯でした。しかし、進化とともに人間のあごが細くなっていったことで、少し厄介な存在へと変わっていきました。狭いスペースで無理に生えようとするので、真っすぐ生えない場合が多いからです。その結果、隣の歯や歯茎にまで悪影響を及ぼす恐れがあります。当院では、親知らずが理想的ではない生え方をしている場合、抜歯をおすすめしています。
いびつな生え方をしている親知らずを放っておくと、以下のような弊害があります。痛みなど気になることがあれば、ご相談ください。

虫歯になりやすくなる

歯磨きのときに、歯ブラシが届きにくいため、磨き残しから虫歯にかかるリスクが高まります。歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなるので、隣接している歯まで虫歯になる恐れがあります。

歯茎が腫れてくる

親知らずが歯茎の上に覆い被さるような生え方をした場合、歯と歯茎の間に溜まった歯垢で歯茎が腫れる可能性があり、虫歯や歯周病のリスクも高まります。

歯茎が痛くなる

親知らずが歯茎に潜り込むような生え方をしている場合は、痛みが出てくることがあります。

歯並びが悪くなる

狭い口内に、親知らずが無理に出てこようとする場合、他の歯が押され、歯並びが悪くなることがあります 。

顎関節症

顎関節症 カクカク音がする、顎が痛いは危険信号

人間の顎(あご)には、筋肉や関節、神経が集中しており、食事やおしゃべりをするたび、連動して動いています。
この顎の関節が、何らかの原因によって、痛くなる、動かしづらくなるという症状を感じるようであれば「顎関節症」の疑いがあります。症状がひどくなると、肩こり、腕や指のしびれ、偏頭痛、耳や鼻にも不快感を覚えることがあり、最悪の場合、顎の機能が完全に破壊されてしまうこともあります。
顎関節症の多くは、適切な治療によって改善が可能です。早めの診察をおすすめします。

顎関節症の治療

噛み合わせを整えれば改善が期待できます

重度の場合は、マウスピースを上顎や下顎に入れ、上下の噛み合わせを均等に整えていきます。顎の関節頭を正しい位置に戻すことによって、筋肉の緊張が解かれ、顎をスムーズに動かせるようになります。また、状態によっては手術を行うこともあります。入れ歯やかぶせ物などを入れることで、噛み合わせを調整することもあります。