ホーム > 診療案内 > 入れ歯治療

入れ歯治療

とにかく噛める歯を手に入れたい

とにかく噛める歯を手に入れたい 入れ歯がおすすめです

失った歯を補う選択肢としてブリッジやインプラントなどがありますが、
なかにはこのような固定性の装置を使うことが難しい場合があります。
その場合には着脱式の入れ歯・義歯が必要となります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、患者様お一人お一人のご意向を最大限考慮し、最適な入れ歯をおすすめさせていただいております。

メリット・デメリット

  メリット デメリット
部分入れ歯 両隣の歯の支えを必要とするブリッジとは違い、健康な歯を削らずにすみます。 不安定なため、多少の違和感があります。
総入れ歯 歯が多数欠損した場合に有効で、治療も比較的簡単に受けられます。 部分入れ歯よりもさらに、安定感がなくなるため、咬む力が弱くなります。また、しゃべるときの発音が上手くできなくなるばかりか、見た目も良くありません。

入れ歯の種類

ゴールド床 金属床の中で最も精密な加工が行いやすく、腐食の影響による変色がありません。身体にも優しい素材です。
チタン床 金属症の中で最も軽い素材で、違和感が軽減できます。アレルギー反応が出にくい素材で、腐食もありません。
コバルト床 金属症の中で最も丈夫な素材です。昔から使用されてきた素材で、永く快適にご使用いただけます。

入れ歯を作るためのプロセス

①口の中の型を取ります。
②噛み合わせの高さを決めます。
③出来上がりの前に入念に歯並びをチェックします 。
④お口の中で細かな微調整します。
⑤使用中の違和感や不都合を調整します。