ホーム > 診療案内 > 歯周病治療

歯周病治療

歯周病とは?

歯周病とは? 歯茎から血が出たら、危険信号!

歯周病は、潜在患者が多い病気だと言われており、日本の国民病とも呼ばれています。
自覚症状がほとんどないため、気付かないまま病状が進行しているケースも多く、
重度にまで及ぶと、歯が抜けてしまう恐れがあります。

歯周病の進行プロセス

歯周病は、大きく分けて ①歯肉炎 ②軽度歯周炎 ③中等度歯周炎 ④重度歯周炎 の4段階のプロセスを経て進行していきます。

①歯肉炎
歯の付け根に歯垢が溜まったままの状態でいると、歯肉が炎症を起こして、腫れてきます。

②軽度歯周炎
菌が歯周組織にまで侵入すると、歯槽骨と歯根膜が破壊されはじめます。

③中程度歯周炎
炎症の拡大が進むと、歯槽骨の半分が破壊され、歯がぐらぐらしはじめます。歯周ポケットも相当深くなっています。

④重度歯周炎
グラグラ状態で、歯が抜け落ちるリスクがかなり高い状態です。

口臭治療

口臭が気になる方へ

人は誰でもある程度の口臭はありますが、口臭が強過ぎると相手に不快感を抱かせてしまいます。しかし、口臭は自覚症状が少なく、周囲も指摘しづらいので、放置されてしまうことがほとんど。原因としては、詰め物や被せ物の問題や舌の汚れ、歯槽膿漏、鼻やのどの病気などが挙げられます。なかでも口臭の原因の8割ほどが歯槽膿漏が占めると言われています。「もしかしたら?」とお思いの方は、一度ご相談ください。